a:8902 t:4 y:7

PC1台で複数のipodを利用するには

1 台のコンピュータで複数の iPod、iPad、または iPhone を利用したいと思いませんか?もちろん可能です。ここでは 3 通りの方法を紹介します。

  • 手順 1

コンピュータをほかの人たちと共有している場合、コンピュータを使うそれぞれの人が専用のユーザアカウントを作成することで管理できます。この方法は、それぞれの人が自分専用にパーソナライズした iTunes のライブラリを管理し、デバイスの同期設定を自分の好みにカスタマイズできるという点で、各ユーザの音楽やその他のメディアの種類が異なっている場合に便利です。

  • 手順 2

複数のユーザアカウントを作成しなくても、1 台のコンピュータで複数のデバイスを使うことができます。これを行うには、各デバイスが特定のプレイリストのみでアップデートされるように iTunes を設定します。この方法では、たとえば iPod には自分のすべての音楽を入れておき、ワークアウト用の音楽だけを iPod shuffle に入れるという使い方ができます。iTunes を使ってこれを行うには、以下の手順を実行します。

各デバイスごとに同期するすべてのミュージックを含む 新規プレイリストを作成 します。

注意:iTunes for Windows は複数の iPod デバイスを 同時に 同期する機能はサポートしていません。

  • 手順 3

各デバイス用に別個に iTunes ライブラリを作成します。

  1. iTunes を起動する間「Shift」キーを押し続けます。
  2. 表示されるダイアログで「ライブラリを作成」をクリックします。
  3. 新しいライブラリファイルに名前を付けて保存します。この新しいライブラリファイルで iTunes が開きます。
  4. iTunes の「環境設定」を開きます。「iTunes」>「環境設定」(Mac) または「編集」>「設定」(Windows) の順に選択します。
  5. 「詳細」タブをクリックします。
  6. 「ライブラリへの追加時にファイルを [iTunes Media] フォルダーにコピーする」チェックボックスがすでに選択されている場合は、チェックマークを外してから「OK」をクリックします。これにより、新しいライブラリフォルダに iTunes によって既存のメディアファイルが重複して作成されるのを防ぐことができます。
  7. お使いのデバイスに入れる特定のメディアファイルを iTunes に追加します。ファイルを iTunes にドラッグするか、 または、「ファイル」>「ファイルをライブラリに追加」または、「フォルダをライブラリに追加」を選択します。
  8. iTunes ライブラリの設定が完了したら、デバイスを接続して同期します。
  9. 同期が完了したら、iTunes を終了します。
  10. iTunes を起動する間「Shift」キーを押し続けます。
  11. 「ライブラリを選択」をクリックします。
  12. オリジナルの iTunes ライブラリを選択し、「開く」をクリックします。これで、各デバイスに合わせて異なるライブラリに切り替えることができるようになります。